読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リアル書店の意義

補足と言うか。Amazonなどで昔より遥かに便利になったのは事実ですが、Amazonなどネット通販では基本的に自分の欲しい本しか買えません。おすすめ機能とかありますけどやや微妙ですし。

それに対しリアル書店では、多くの本を目にすることで思いがけない出会いがあります。買いたい本が買えるのがAmazonとしたら、買おうと思ってなかった本まで買えてしまうのがリアル書店と言いますか。確か書店に行く人の多く(?)は買う予定のなかった本まで買ってしまう、という統計をどこかで見たような。実際、自分も「あれが欲しい」というよりは「何か面白い本ないかな」という動機で書店に行くことが多いです。

そういう作品との出会いも大切にしたいので、どんなにAmazonが進化してもリアル書店には通い続けると思います。まあ「ネットで評判の品をネットで買った」ということもよくあるわけですが。