書店、図書館、古本屋。

最近の図書館はネットで検索もできるし予約もできて、地方によっては最寄りのコンビニで貸し出しや返却までできてしまいます。昔に比べると格段に便利になってるわけですが、どうも最近はあまり図書館を利用しなくなってます。昔は相当お世話になったものですが。

で、実は図書館だけではなく古本屋にもあまり行かなくなっています。共通しているのは「古い本しか置いてない」ということ。どちらにも欲しいor読みたい本があまりないのです。時々は掘り出し物があったりするのですが、探す手間を考えると普通の書店で買った方がコストが少ないような気がしています。上手く使えば安上がるとは思いますが。

書店というのは本なら何でも売ってる場所だと思われることが多いですが、正確には「新刊または最近売れている本を置いているお店」です。古くても許されるのは文庫ぐらいなもので。なので情報の鮮度を考えるとやはり普通の書店を回った方が良いのかなと思います。買わなくても棚を見るだけで最近何が流行ってるのか分かる、ということもありますし。

そんなわけで、図書館よりも古本屋よりも普通の書店が好きです。