「文学少女」の新ゴが読みにくい

ルビと言えば、マリみてに慣れるまでが一番大変だった気が。

ところで「文学少女」シリーズって回想シーンだけ新ゴB(M?)ですが、どうも品が無いと言うか読みにくさを感じてしまいます。新ゴの太いのは本文に適していないと思うのですが、普通に明朝の太いのではダメなんでしょうか。

一方「DDD」は最初奇抜なフォントだなと思ったものの、読み進めるうちに見事に世界観にマッチしていると思えるようになったのですが(または「いたる絵」のようなものか)。

“文学少女”と繋がれた愚者
“文学少女”と繋がれた愚者