平台は毎日が戦争です

確かにデザイン的に統一感のあるものは並べて置きたくなります。1種類だけは外し辛いという気持ちも分かります。

ただ、それは「それらの本が同じだけ売れていたら」という前提があればの話です。人にもよると思いますが、仮に「ぱにぽに」だけ売れて「まろまゆ」が売れないなら自分なら迷わず売れない方を外します。ひぐらしの場合はどれか1冊だけ売れるということはないでしょうけど、担当によほど思い入れが無ければ売れなかったら即返品でしょう。

大型書店でもない限り平積みできるスペースは非常に限られています。平積みは棚差しに比べると訴求力は桁違いですが、効果が大きい分そこに置けるものは相当売れるものに限定されます。毎日のように新刊も入ってくるので、普通の書店では担当の趣味で置けるスペースはほとんどないと言えます。「売れそうだ」と試してみる事はありますが、売れないのにいつまでも平積みにしておく事はできません。

ただひぐらしの装丁は非常に綺麗ですよね。統一感もあって並べたくなりますが、あまりに似ていると間違えられて、綿流し編の上に鬼隠し編を重ねられたりもする諸刃の剣。「もやしもん」みたいにあまりにバラバラなのもどうかとは思いますが。