「ヘイト・ユー・ギブ」(The Hate U Give)

2018年公開。(日本劇場未公開)
Rotten Tomatoes批評家支持率97%。

2009年の「オスカー・グラント事件」にインスパイアされて書かれたベストセラー小説の映画化。
16歳の黒人の女子高生が、無実の罪で警官に射殺された幼馴染のために立ち上がる。

主人公の女の子は黒人ですが、白人も黒人もいる高校に通い、友達も白人なら彼氏も白人です。一見差別とは無縁に思えますが、幼馴染で初恋の相手(黒人の少年)を目の前で銃殺された事で状況は一変します。

事件の目撃者として証言すれば学校での人間関係が全て壊れる可能性がありますし、それだけではなく地元のギャングのボスに命を狙われる可能性もあります。何も見なかった事にして事件のことは忘れて生きるのが安全ではあるのですが…。

理不尽な差別(特に人種差別)と闘う作品は珍しくはありませんが、この作品は冒頭から一気に引き込まれてそのまま最後まで勢いが止まらない感じです。非常にオススメです!!!!

ヘイト・ユー・ギブ  (字幕/吹替)

ヘイト・ユー・ギブ (字幕/吹替)

  • George Tillman Jr.
  • ドラマ
  • ¥2000