オタクの一般教養

先週のたけくまラジオで、たけくまさんが

昔は梶原一騎(「巨人の星」や「あしたのジョー」)がオタクの基礎教養だった

という話をされてましたが、現代だとどうなるんでしょう。コミックしか無かった昔と違って、今はジャンルだけでも

  • コミック
  • アニメ
  • ラノベ
  • エロゲ

とあり(その他「特撮」や「声優」は選択科目のようなものか?)、それぞれジャンルの中でも多様化してるので、一概に「これが現代オタクの一般教養だ!」と言える作品は決められない気がします。エロゲだと葉鍵月+ひぐらし辺り、と言えそうですが、ラノベだと「ハルヒ」か、と言われると何か違うような。やはりフルメタとかマリみて辺りでしょうか。いずれにせよ具体的な作品名を挙げると収拾がつかなくなる気がします。コミックだと「青年誌」「少女漫画」などと分類しても決まらないかもしれない。

アニメも毎期60本前後が投入されるので難しい。強いて挙げるとすれば「落ちながら戦う」アニメや、「キャベツを切る」アニメでしょうか。

広告を非表示にする