Twitterの面白さ

要点を抜き出してみると、

  • 個人的な情報やとりとめのない思いを、なぜ世界に向かって垂れ流す必要があるのか理解できない
  • 気の利いた考えやおもしろいエピソードを140字以内で書くのは容易なことではない
  • 私がTwitterに参加するのはウェブページからだ
  • Twitterに費やしている時間などない

こんな感じでしょうか。

とりあえず、最低でも「専用クライアント」「ケータイ(モバイル)」を使わないとTwitterの気軽さ・面白さは半減すると思います。わざわざブラウザでアクセスしたのに「起きた」「会社着いた」「お昼ご飯食べた」という書き込みで埋まってたらがっかりするのも仕方ないかなと。Twitterはブラウザで頻繁にチェックしたりRSSリーダーに登録するようなものではなく、専用クライアントをデスクトップの隅に置いておくものです。

で「140字以内では面白いことが書けない」「そんなどうでも良い事を世界に垂れ流す意味が分からない」という話ですが、これまでどうでも良い、つまらないと思われていた事を共有できるのがTwitterの素晴らしい所です。自分の考えをブログのエントリにするのも結構大変なものですが、Twitterではエントリ以前のアイデアの段階で発信できてしまいます。Twitterがなければ発表する機会のなかったかもしれないアイデアも他の人と共有できるわけです。アイデアでなくても、例えば誰かの「ビール飲みたい」という一言から突発的オフ会が開かれたりするかもしれませんし、どんなにつまらないことでも共有する事に意味があると思います。Twitterが情報発信の敷居を下げたのは非常に有意義な事ではないかと。140字って短いようで実は結構いろんな事が書けたりしますし。

別に自分の生活を事細かに報告する必要もありませんが、他の人の些細なつぶやきを眺めているのも結構楽しいものですし、ブログでもmixiでも書き辛かったことが吐き出せてすっきりします。「書いてスッキリしました!」と言いますか。

Twitterにはブログやmixiやチャットにはない面白さがあると思います。登録も無料ですし、とりあえず始めてみればその面白さが分かる…はず。

広告を非表示にする