アニメ「神様になった日」4話 麻雀回の解説

「牌を横に?」

  • 和了(あがり)直前の状態で立直(リーチ)を宣言する際、捨て牌を横にします。
  • 立直(リーチ)を宣言すると手牌を固定する代わりに点数が高くなります。
  • 一般的に他の人のリーチ宣言以降は捨てる牌は慎重に選ぶ必要があります。

三元牌

  • 三元牌とは「白(無地)」「發」「中」の3種類
  • 各3枚揃えると「大三元」という役満(かなり大きな点数の役)。
  • 「3枚+3枚+2枚」という組み合わせでも「小三元」というそこそこ大きな点数の役になります。
  • 他の人が「發」「中」を各3枚揃えている場合、「白(無地)」を捨てるのは極めて危険です。

二色同順

  • 三色同順」という役はあります。
  • 二色同順という役はないため和了(あがり)を宣言するとチョンボ(=罰点)となります。

途中まで通貫

  • 一気通貫」という役はあります。(123456789、を揃える)
  • 途中まで通貫という役はありません。同様にチョンボになります。

東西南北

  • 麻雀の役は基本的に「3枚+3枚+3枚+3枚+2枚」というセットを作るので*1「1枚ずつ4枚」集めるケースはありません。
  • 麻雀の基本的な原則に反しています。

ドラ隣

  • ドラは持っているとお得ですが、その一つ隣の牌を持っていても特に何もありません。

純チャン(純全帯么九)

  • 詳細省きますが「不純チャン」はありません。
  • 今回の場合「二萬」が「一萬」なら純チャンとして成立します。

「単騎で鳴いてるの?」

  • 「2枚」のセットを持っている場合、他の人の捨て牌から1枚もらって3枚のセットにすることができます(ポン、チー)
    • これを「鳴く」「食う」などとも呼びます
    • 「東東」→「東東東」など
    • 「東」→「東東」はできません
  • 七対子(チートイツ)は「2枚×7」のセットを作る特殊な役ですが、鳴いて作ることは以上の理由により不可能です。

3軒リーチとドラポンに囲まれた

  • 自分以外の人が全員、和了(あがり)寸前でその点数が非常に高い可能性があり、極めて危険です。
  • スキップという概念はありません。

「手牌が多いのよ。チョンボになるはずだけど」

  • 何かの間違いで手牌が多くなってしまった場合はチョンボとなる場合が多いです。

無限立直(リーチ)

  • 立直(リーチ)は一人一回です(一つの局につき)。

無限立直 東西南北 ドラ隣 途中まで通貫 二色同順

  • 意訳すると「ぼくのかんがえたさいきょうの役」
  • どう見てもチョンボです。

神様になった日

神様になった日

  • メディア: Prime Video

*1:例外あり